横浜の銅像:掃部山公園

横浜の桜の名所の一つである 掃部山公園も4月を前にして桜が満開になったということで、散ってしまう前に仕事帰りに見に行ってきました。

横浜のランドマークの1つであるロイヤルパークホテルを下から眺めたショットです。

桜木町駅を降りて 紅葉坂方面に向かうと 掃部山公園へ行きつきます。
公園入口はすでに満開の桜がお出迎え。

階段を登りきると 公園の奥に銅像が見えてきます。

横浜みなとみらいのビル群を背景に、この銅像を背面から眺めるという掃部山公園では定番の夜景です。

そしてこの銅像の正体は

井伊直弼
神奈川県横浜市西区 掃部山公園


旧彦根藩誌がこの地を買い取り、開国の父ということとし、1909年に横浜開港50年記念に井伊直弼の銅像が建立された。
その由来により井伊直弼の官位であった掃部頭(かもんのかみ)から取って、掃部山公園と名付けられた
とのことです。
 銅像建立の際には、倒幕の立役者であった明治の元勲たち(主に薩摩・長州閥)は、反発したというエピソードもあります。

建立時には、いろいろと問題があった銅像ですが、今では、花見客をやさしく見守ってくれています。
昼も夜も 井伊直弼像の背面からの横浜の風景は実に風流でした。

この銅像は夜景がきれいですので、何度も訪問したくなります

滋賀県の銅像(犬上郡甲良町)

藤堂高虎

場所:滋賀県犬上郡甲良町 在士高虎公園

伊予今治藩主。後に伊勢津藩の藩祖となった戦国大名。

元は浅井家に仕え、初陣の姉川の合戦で武功を挙げるが、主君は敗北する。

浅井家が滅びると織田家に仕え、豊臣家時代は豊臣秀長に仕える。

秀長の元で武闘一辺倒な武将から戦略眼を身につけ、築城技術も身につける。

後に加藤清正と並ぶ 築城の名手としても名を馳せる。

豊臣秀吉から拝領された「唐冠型兜」がかっこいい。

豊臣秀吉が死去すると、豊臣恩顧の武将ながら真っ先に徳川家康陣営に鞍替えをする。

石田三成陣営による徳川家康暗殺計画の情報を仕入れ、家康の危機を救うなど、徳川家康が天下を握った後、家康から最大の信任を得「国に大事があるときは、高虎を一番手とせよ」と言わしめた。

 家康の最期には、外様大名で唯一 枕元にいることを許されたほどです。

大阪の陣の後、江戸幕府 による大坂城再築のため切り出したものの結局使われなかったという残念石 です。

主君を七度変え、風見鶏、世渡り上手な戦国大名として敬遠される人もいるようですが、私は先見の明があった人物として現代のビジネスマンが参考にすべき戦国大名で、もっと評価されてもいい気がします。

ぜひ大河ドラマ化を!!

新潟県の銅像:胎内市(板額御前)

美人過ぎる銅像と言われている板額御前の銅像を紹介します。

板額御前は、平安時代末期~鎌倉時代初期の人物。平家方の豪族:城(じょう)一族の姫君でした。
源頼朝によって平家が滅ぼされ城一族は没落し潜伏を余儀なくされていました。鎌倉幕府が成立し2代将軍・源頼家の時代になった1201年、鳥坂城に立て籠った城一族は鎌倉幕府に叛逆の狼煙を上げました。

板額御前

場所:新潟県胎内市 中条駅
建立年月日:平成13年10月14日
作者:山﨑正義

中でも弓の名手であった板額御前は百発百中の腕前で鎌倉幕府軍を射抜いて敵軍から恐れられたと伝えられます。
しかし、遂に太腿を射抜かれて、城一族の叛乱も鎮圧されてしまいました。
奮闘した板額御前の雄姿を見たいと将軍・頼家から命令を受けた幕府軍は板額御前を鎌倉に連行します。

将軍の前でも物怖じせず天晴な態度であった板額御前に一目惚れしてしまった鎌倉御家人の浅利与一(義成)という人物がいました。
叛乱の主要メンバーとして死罪になるところを将軍に直訴したとのこと。
将軍・頼家も浅利与一の情熱に負けて妻にすることを許しました。
板額御前は、浅利与一の領地:甲斐国(山梨県)で夫と仲睦まじく暮らしたと伝えられます。
板額御前の銅像は、城一族が立て籠もった鳥坂城址(鳥坂山)方面を眺めるように立っています。

昭和の大横綱:千代の富士

令和時代になりましたが、昭和時代の伝説の大横綱の銅像をご紹介します。
東京都台東区 言問通り沿いにあるお寺の境内にあります。
駅としては「根津駅」が近いですかね。

寺の門前に「千代の富士像」という石碑が目印。(撮影忘れました)

千代の富士 貢

東京都台東区 望湖山玉林寺
作者:小張隆男  2011建立

第58代の横綱。通算白星1045勝は歴代3位。通算31回の歴代二位の幕内優勝。
相撲界で唯一の国民栄誉賞を受賞。など偉大な功績を残した昭和の大横綱。
引退後は九重部屋を継承し、九重親方として協会の理事として相撲の発展に尽力する。
2016年 癌を患っての急死のニュースには衝撃を受けたものです。

この眼差し!
「ウルフ」と呼ばれた全盛期の横綱時代の千代の富士が甦ったようです。

私の世代では「若花田(若乃花)」「貴花田(貴乃花)」「曙太郎」が活躍した平成の大相撲を思い浮かべる年代になってしまいますが、当時はまだ現役で横綱として活躍していた千代の富士は別格の存在でした。

当時人気実力が急上昇の若手力士・貴花田(貴乃花)に敗れた直後の引退会見を開いた際のセリフ

「体力の限界・・・」

と男泣きする千代の富士の姿に1つの時代が終わったと感じたものです。
太刀を持つ 横からのアングル。横顔が一番似ているかも!

この銅像は2011/6/2に除幕式があり、九重親方ご本人も出席されニュースにもなっていました。

この玉林寺になぜ銅像が建立されたのか?
九重親方の菩提寺でもあり、千代の富士像が見つめる先に、平成元年に亡くなった3女(愛ちゃん)が眠っているお墓があるとのこと。

この銅像が親方の分身となって愛娘を見守っているようにも見えてきます。

上野駅から少し歩きますが、歩ける距離のため、上野公園の西郷さん銅像や上野動物園、上野寛永寺、アメ横などの観光スポットに行くついでに見に行ける銅像としてもおススメです。