最高峰のリーグ:NFL

アメフト最高峰リーグは本場アメリカのNFL(ナショナルフットボールリーグ)です。

まずは、雰囲気で推しチームを見つけるのも楽しいですよ!

☆ちなみに私の推しチームは

虎のデザインのシンシナティ・ベンガルズ

1849年のゴールドラッシュで一攫千金を夢見た人々 
サンフランシスコ・49ers

NFLは、2つのカンファレンス(AFCとNFC)に分かれて総当たり戦を繰り広げ、
勝ち星の多いチームで最終トーナメント(プレーオフ)が行われます。

★AFC(アメリカンフットボールカンファレンス)

★NFC(ナショナルフットボールカンファレンス)

AFCとNFCのプレーオフを制したカンファレンスチャンピオン同士が激突するのが、スーパーボウル です。 
※アメフトの決勝戦です!!

お薦めの名勝負 
第23回スーパーボウル(Super Bowl XXⅢ)1989年1月22日
シンシナティ・ベンガルズ VS サンフランシスコ・49ers

今見ても興奮するのにリアルタイムで観戦していたら発狂していたぐらいの試合です。
だいたいスーパーボウルでの1戦は後半からワンサイドゲームになりがちなのですが、この試合は最後の最後まで勝負の行方が分かりません。

ネタバレが嫌なら、何も言わずにこの動画を見てください。
(ネタバレしてもここからが面白いので、時間がない人は この先を読んでください)

タイプの異なる両チーム司令塔QB ジョー・モンタナ(49ers)とブーマー・アサイアソン(ベンガルズ)の評判通りの活躍とベンガルズの超ビックプレーが出たりと常に試合が動く熱戦

試合は最後の第4Qまで一進一退のシーソーゲームで 16-13でベンガルズが優勢で49ersの攻撃。


タッチダウン(6点)を取れば49ers勝利。
また最悪フィールドゴール(3点)で同点。守りきればベンガルズの勝ちが決まる!
しかも 残り2分間・・・・。
このシチュエーションだけで興奮します!!

途中で、両チームのヘッドコーチ(監督)のピリピリした様子の映像を流す憎い演出もあります(w)

※ちなみにヘッドコーチはかつて同じチームで師弟関係だった二人です。そんな人間ドラマもあり・・。

アメフトはパスプレーでDOWNすると時間が止まりますがランプレーだと時間が流れます。(ただしフィールドの外に出れば時間は止まる)

試合は残り時間2分で守備側はランプレーを抑えて時間を流す戦術。
攻撃側は、なるべくパスで陣地を進めて、ランを止められたら外に出るかタイムアウトで時間を止めます。

この駆け引きも緊張します。

途中で49ersの背番号6番の選手がキックの練習をする様子が映されます。
この選手は試合中に2回ほどゴールキックを失敗しており(成功していたら計6点プラスで49ersが有利だった)残り時間ギリギリで、名誉挽回の機会到来と武者震いしつつ心の隅に失敗するかもとのプレッシャーの板挟み状態の心境が垣間見れます・・・・。

残り時間との戦いも 胃が痛くなります(w)

とにかく、この試合を見てください!!

アメフトが好きになるはずです!

試合のダイジェストが見れますが、
上の文章の残り2分間だけを見る場合は 1時間40分ごろから見てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です