アメフト普及委員会(其の一)

アメリカ合衆国ではアメフトは国技です!
アメフト最高峰リーグNFLの決勝戦「スーパーボウル」の日は、大統領も休日を取るというほどの人気です。
アメフトと混同する人が多いスポーツのラグビーはラグビーW杯を日本で開催したことで日本でも人気が出ておりますが、アメフトはいまいち盛り上がりに欠けております。
 そんなアメフトを日本でもっと盛り上げたい!!

アメフトとはどういうスポーツ?

一言で言うと ボールを使った陣取り合戦(戦争)です。
アメフトのフィールドは全長100ヤード(91.44メートル)
真ん中の50ヤードを境に敵陣、自陣という設定で、敵陣のエンドゾーンにボールを運ぶとタッチダウンで得点になります。

冒頭に書いた通り、ラグビーと区別付かない人が多いと思いますが、
野球とサッカーぐらいの違いがあります。
(個人的感覚ですので、異論は認める)


試合形式が似ているのは、どちらかというと
「アメフト≒野球」「ラグビー≒サッカー」という感じです。

試合時間

試合は15分を1Q(クオーター)として1試合4Q制です。途中で時間が止まるので 1時間で終わる事はありません。

点数

攻撃側チームが敵陣に達したらタッチダウン(6点)フィールドゴール(キックでゴール)をしたら(3点)、タッチダウンの後のトライフォーポイント(ランかパスは2点、キックは1点)の点数になります。

守備側が攻撃側からボールを奪って逆に敵陣に達したらタッチダウン(6点)になります!
※厳密には、他にも得点になるケースあり。

ゲームの流れ

キックオフ

守備側のキッキングチームがボールを敵陣に蹴ります(キックオフ)

攻撃側のリターナーがボールを受け取り敵陣目掛け走ります!

守備側がリターナーにタックルしてDOWNを取った場所からゲームが始まります。

攻防戦

・攻撃側は、敵陣のゴールを目指してボールを進めます。
・4回の攻撃権があり、4回の攻撃で10ヤード以上進めば、もう一度攻撃権が4回貰えます。(4th DOWN制:1st Down、2nd Down、3rd Down、4th Down)

・4回目で10ヤード進めなければ攻守交代です。

※野球でいうところの3アウトで攻守交代と同じですね。

以上の繰り返しです。

(補足)試合中に表示される「1st and 10」などの説明
「1st and 10」は、1st Downであと10ヤード進めば次の攻撃権4回貰えるよ
「2nd and 8」は2回目の攻撃権であと8ヤード進めば次の攻撃権貰えるよよいう意味

だいたい4回目の攻撃で「4th and 10」などの場合は、パントキックで ボールを蹴って敵陣深く進んでから攻守交替をする場合が多いです。

基本的なルール

・前へのパスは1回だけ。後ろへのパスは何度でもOK
(実際は後ろへのパスを何度もやるのはアメフトでは困難)
・ボールが地面につく、ボールを持ったプレイヤーの膝が地面に着いたらDOWNです。
・タックルしていいのは、ボールを持っているプレイヤーだけです。
・ラインと呼ばれるポジションはボールを触ってはいけません。
 ただし、攻撃チームがボールを落とした場合はボールを奪うことが出来ます。

・DOWNになったら、タックルしてはいけません。  など

このDOWNの度に試合が止まるので、慣れないと何をやっているのか戸惑うと思いますが ハドル と言って この間に作戦会議をしているのです。

ランプレーで行くかパスプレーで行くか、あのポジションの奴がウィークポイントだからぶっ潰してしまえ!などを話し合っているのです。

ポジション

アメフトは、攻撃(オフェンス)と守備(ディフェンス)がはっきり分かれています。
※ここも野球と似ている部分

 下図の真ん中:スクリメージラインを境に攻撃と守備が対峙します。

言わば、このラインが敵国との国境です。
プレイが始まる前に、このライン上に攻撃側は7人が並ぶ必要があります。
※7人以上/以下だと反則になります。

攻撃も守備も 大きく分けてバックスライン というポジションに分類されます。
スクリメージラインに近いポジションはラインで 体格が大きい重戦車のような選手が多いです。
バックスは、後方に位置して俊敏性の早い選手が多いです。


 オフェンスのポジション

(バックス)
 QB(クオーターバック):司令塔、アメフトの花形です。
 RB(ランニングバック):ランプレイ攻撃の要
 WR(ワイドレシーバー):パスプレイ攻撃の要
 TE(タイトエンド):ラインとバックスの中間のマルチポジション
(ライン)
 C(センター):ボールをQBに渡しプレイのきっかけを作ります。
 G(ガード):敵からQBを守る護衛艦
 T(タックル):敵からQBを守る護衛艦

ディフェンスのポジション
(バックス)
 LB(ラインバッカー):守備の要で、攻撃は最大の防御を地で行くポジション
 CB(コーナーバック):WRの迎撃部隊
 S(セーフティー):守備の最終防衛線
(ライン)
 NG(ノーズガード):重戦車
 DT(ディフェンスタックル):重戦車
 DE(ディフェンスエンド):重戦車


※試合開始や攻守交替時のキック専門のキッキングチームもあります。

攻撃(オフェンス)のフォーメーション

 アメフトといえばフォーメーションと言っても過言ではない(w)

①Iフォーメーション
 RB(ランニングバック)をQBの後方に一文字に配置しランプレー重視のフォーメーション。

②プロTフォーメーション
QBの後方にRBを並べてT字に配置、ラインに近いため、素早いラン重視のフォーメーション。

③ショットガンフォーメーション
RBをQBの防御として横に配置し、WR(ワイドレシーバー)を3人左右に配置し、WRが敵陣深くまで走ったところでパスを投げる一撃必殺のフォーメーション。

まずはこれだけ覚えておけば、アメフトを観戦したときに少しは楽しめるはずです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です